スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポリ2ヤドラン+メタモン

この構築のコンセプトは、ポリ2とヤドランの相性補完の良さに加えて

「あれ?ポリ2にめざ炎持たせたらハッサム焼けて完璧じゃんワロスwwwww」

という深夜テンションによるものです。


相関図1



ポリゴン2ヤドランメタモンサンダーローブシンカイリュー
ポケモンわざ1わざ2わざ3わざ4もちものとくせい
ポリゴン2ほうでんれいとうビームめざめるパワー炎じこさいせいしんかのきせきダウンロード
ヤドランねっとうサイコキネシスれいとうビームなまけるゴツゴツメットさいせいりょく
メタモンへんしん   こだわりスカーフかわりもの
サンダー10まんボルトめざめるパワー飛行ねっぷうねごとたべのこしプレッシャー
ローブシンドレインパンチマッハパンチれいとうパンチねごとせんせいのツメこんじょう
カイリューげきりんじしんしんそくりゅうのまいドラゴンジュエルマルチスケイル




以下考察



ポリゴン2
ポリゴン2
実数値(努力値) 191(244) - xx - 110 - 166(208) - 115 - 87(56)
個体値  V-U-V-U-V-U
技構成  ほうでん / れいとうビーム / めざめるパワー炎 / じこさいせい
せいかく ひかえめ
もちもの しんかのきせき
とくせい ダウンロード

 アタッカーよりの努力値振りをしたポリゴン2です。僕はコイツみたいな再生技持ちの耐久ポケモンなら、「3ウェポン1再生」の型がいちばん使いやすいかと思っています。対面なら電気+氷の範囲で押せる場面もありましたし、めざ炎もハッサムの蜻蛉を許さずにこんがり焼いてやりました。しかし、コイツを作ったのが対面構築全盛期でして、だんだんHA鉢巻だけといった環境ではなくなるとやはり、汎用性に欠けてしまいました。

・すばやさ調整
S87=H4振りハッサム抜き

・与ダメージ
めざ炎でH177-D100のハッサムに101.6%~119.7%
ダウンロード込みC1↑めざ炎でH177-D145のハッサムに101.6%~122%



ヤドラン
ヤドラン
実数値(努力値) 201(244) - xx - 178(252) - 122(12) - 100 - 50
技構成  ねっとう / サイコキネシス / れいとうビーム / なまける
せいかく ずぶとい
もちもの ゴツゴツメット
とくせい さいせいりょく

 こちらも3ウェポン1再生。テンプレの3n調整の物理受けです。



メタモン
メタモン
実数値(努力値) 155(252) - xx - xx - xx - xx - 48
個体値  H-31 S-2 のめざ岩個体だが、他は忘れた
技構成  へんしん
せいかく なまいき
もちもの こだわりスカーフ
とくせい かわりもの

 何かと話題になったメタモンを作ってみた。このパーティに組み込もうと思ったキッカケは「メタモン入り受けループ」のギミックがポリ2ヤドランにも適しているのでは?と思ったからです。ポリ2ヤドランが呼ぶであろうウルガモスに対しての回答でもあり、強力な天候パのトノグドラやカバドリュへの牽制にもなりうると考えました。また、高火力ドラゴンが環境の中心という事もあって非常に活躍してくれたポケモンでした。



サンダー
サンダー
実数値(努力値) 193(224) - xx - 105 - 165(40) - 110 - 151(244)
個体値  U-xx-U-U-U-V
技構成  10まんボルト / めざめるパワー飛行 / ねっぷう / ねごと
せいかく ひかえめ
もちもの たべのこし
とくせい プレッシャー

 明確な対キノガッサ枠として採用しました。ポイヒ型にもテクニ型にも対応できる僕のお気に入りで、特筆すべきはガッサに対しての遂行速度の速さと確実性だと思います。また、このサンダーにはスイクンに対しても役割を持たせられるよう調整をしました。ポリ2でもそうだったように環境が変わるにつれ、スカーフガッサが増えたこともあって寝言の使用機会が減り、上からエッジをかまされる機会が増えて来ましたが、まだやれるポケモンです。


・すばやさ調整
S151=最速スイクン抜き

・HP16n+1



ローブシン
ローブシン
実数値(努力値) 212(252) - 211(252) - 116(4) - xx - 85 - 65
技構成  ドレインパンチ / マッハパンチ / れいとうパンチ / ねごと
せいかく いじっぱり
もちもの せんせいのツメ
とくせい こんじょう

 これで受けループ見れると思ってたんですか()枠です・・・。ドレマッパで本来の役割を維持しつつ、ラキグライとキノガッサを強引に見ようとした器用貧乏でした。フレ戦では盛り上がります(∵)



カイリュー
カイリュー
実数値(努力値) 167(4) - 204(252) - 115 - xx - 120 - 132(252)
技構成  げきりん / じしん / しんそく / りゅうのまい
せいかく いじっぱり
もちもの ドラゴンジュエル
とくせい マルチスケイル

 さいきょうのポケモン。このパーティでは、受けにきた高耐久を1舞ジュエルげきりんで搔っ攫ってもらいます。ドヤ顔スイクンヤドラン甘えたクレセリア等沈めます。そしてもうひとつ、りゅうせいぐんを撃った後のラティオスを起点にすることもコイツの役目です。ポリ2をアタッカー寄りにしてしまった以上、ラティがかなり重いのでこういった運用になってしまいました。




【考察まとめ】
 このパーティ構築はかなり自由に組んでみたものですが、当時のトップメタをがっちりメタっていたのでそこそこ戦えたかなという印象です。


 比較的楽だったポケモン
カイリューハッサムウルガモス
キノガッサレパルダスメタモン

 重かったポケモン
ラティオススイクン

 重すぎて降参安定
色ラッキー色エアームド

 やはり対受けループ枠は必須だな、と思いました。格闘枠の見直し、ポリ2の型の見直し等まだまだ改善の余地があるので再度考察するかもしれません。セミ受けループ的ギミックとしていろいろな派生もできそうなので、仕上がったパーティが完成すれば、そちらも載せたいと思います。
[ 2012/12/25 20:29 ] PT考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。