スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電磁波ローブ

電磁波持ちの汎用的なポケモン+ローブシンの並びです。
構想の意図は、トリルブシンのギミックをより汎用的にすること

とか大げさに言ってみましたが、要するに一種の勝ち筋の確保です。


以下机上論考察



トリックルームと電磁波の比較


トリックルームのメリット

・5ターンの間は確実にすばやさが逆転する
・相手の裏のポケモンにも影響していると捉えられる
・アームハンマーをメインウェポンにできる

トリックルームのデメリット

・5ターンで終わる
・ローブシンより遅い相手には先手を取られる
・始動役が限られている


電磁波のメリット

・電磁波が通れば、そのバトル中は完全に足を奪える
・覚えるポケモンが多い
・技自体の用途が広い
・バグる

電磁波のデメリット

・電磁波が通らないことは多い(電気無効、ラムのみetc...)
・足が止まるのは麻痺したポケモンのみ
・トリルのように発動からの抜きゲーはできない



電磁波の採用が見込めるポケモン


ラティオス ラティアス
ラティオスラティアス
サポートに特化しなくとも、自然と電磁波を採用できると思います。
耐性の多さと流し性能により、サイクルの中で撒く機会は結構ありそう。


ボルトロス
ボルトロス
麻痺撒きでこのおっさんの右に出る者は居ないでしょう。優先度+1の電磁波は強い。


サンダー
サンダー
耐久○。電磁波羽休め筆頭。


ライコウ
ライコウ
ライコウローブが確立されていますね。しかし両壁+電磁波はカツカツなので、アタッカー型に組み込むのが良いか。
余談ですけどライコウ増えてきてますねー。


バンギラス
バンギラス
ちょっと違う気がする。


僕が思いつく、自然に組ませられそうなのはこんな感じです。



パーティ例

バンギラスドリュウズラティアスサンダーローブシン   スイクン
バンドリの形をとったタイプ。電磁波ローブのパーティ例を考えたとき一番初めに思いつきました。
電磁波の採用はラティアス、サンダーでしょうか。ローブシンは足が止まったポケモンを上から殴る。スイクンは麻痺ったポケモンを起点に瞑想。全体的な副産物として、あくのはどう、アイアンヘッドでまひるみしたり。

ボルトロスメタモンガブリアスウルガモスローブシン ソーナンス
ボルトメタモン軸。
電磁波はおっさん。ガブリアスは鉢巻で上から殴るとか。ローブシンはry。ウルガモスは麻痺を起点に。ラストはボルトメタモンガモスと相性の良いソーナンス。ちなみにボルトメタモンは使ったことありません。


バンギラスグライオンライコウローブシン ボーマンダブルンゲル
バンギグライ軸。
ライコウの電磁波→砂無限グライ、麻痺ったところにギロチンを当てていくスタイル。ローブry。うしろ2体は補完。



ざっと構想をまとめてみました。なんだかただのスタンですね(笑)
結局のところ僕も実戦はしていないので、どうなるかは分かりません。いつか使ってみたら、報告します。


最後に一言


シングル厨出たかった!!!
[ 2013/02/01 06:32 ] ポケモン考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。