スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どくびし砂 運用レビュー

先日公開したどくびし砂パーティを回してみたので、その感想を書きます。


結論から言うと弱いです。(知ってた)


課題点
バンギラスロズレイド

まず第一に、こいつらの汎用性の無さがパーティにとっての足枷でした。
浮いている相手や鋼タイプとのマッチングが思っていたより多く、選出できない試合がほとんど。
このせいで、実質4体で相手のパーティを見ていかなければならない状況だったのが一番厳しかったですね。
しかし嵌った対戦も何回かあり、思い通りの展開を描くことができた時には比類なき強さを感じました。(震え声)


重かったポケモン
ニョロトノキュウコンギャラドスハッサム

解散
シャンデラヒードラン

本来バンギラスで見るべき炎タイプで詰みでした。
シャンデラが小さくなり始めた時にはDSの前で正座しました。


収穫
エアームド
このエアームドはガチです。
ガモスガッサに対して理想の立ち回りができました。このエアームドを採用したパーティも検討中です。
ただ一つだけ言わせてもらうと、ガブリアスがノータイムで火炎放射撃ってくるのは許さないよ

マンムー
まあまあです。奇襲性は高かったと思っています。
組み込むパーティによってはいい働きができるかもしれません。


まとめ

ギミック自体に難があったのでお蔵入りです。
もう少し積極的に狙っていける戦術を考えるべきでした。
ただ、エアームドはお気に入りです。



[ 2013/02/13 20:41 ] PT考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。